ゆるい靴下


ゆるい靴下をお探しのあなたへ

  以外にゆるい靴下を探している方が多いようです。足が浮腫みがちな方はもちろん、自宅でリラックスする!あるいは外出先で長時間靴下をはく日など締め付けが強い靴下だととっても疲れますから!そこで当サイトでは、靴下職人のつくるとっておきのゆるい靴下の特徴をご紹介しています。
絶妙なゆるフィット   履き口がやわらかい 特殊技術  繻エさんの靴下サイト

ゆるい靴下 ゆるさと絶妙なフィット感


ゆるいだけでは、ずり落ちるんです。

ゴムのきつい靴下は足を締め付けますね!数十分履いただけで足がかわいそうなくり凹み、靴下のゴムの後がクッキリ!これが嫌で苦しいのでゆるい靴下が欲しかったのですが・・・
でも逆にゆるすぎると昔の女子高生のルーズソックスのようにダラダラとしてしまいます。これも嫌ですね。

理想の靴下はゆるいのにずり落ちない絶妙なルーズフィット感が欲しい!そう思っておりましたところ・・・出会えたんです。そんな靴下を創ってくれている職人さんに!後でご紹介しますね。



ゆるい靴下2 履き口のやわらかさ


やっぱり履き口のやわらかさ

靴下がきつい場合の多くが履き口ですね。この履き口が強いゴムで出来ていると履くときも苦労しますし足を締め付けます。ずり落ちないというメリットはあるのですが、やっぱり履き口が靴下のやわらかさの大きなポイントではないでしょうか?




ゆるい靴下3 靴下の技術はどこから生まれた?


人にやさしい靴下を創り続けた50年の技

そんなやさいい靴下を創っているのは・・・有限会社繻エニットの繻エさん。靴下創り50年の技を持つ靴下の匠。繻エさんは福祉相談員の資格を持ち、様々な施設で足の痛いかたなどに自身の創った靴下を履いてもらっては、感想を聞き改良を重ねてきたそうです。

靴下は、肌の一部となり、肌と共に伸び肌と共に縮む。そして履いていることさえ忘れてしまうやさしさが必要というポリシーの元、履いてくれる人に喜ばれる靴下を研究し続けてこられました。また既に日本国内に残り少ない昭和の編機で半自動で手間隙かけて創られる靴下。だから大量生産は出来ない。一足一足ゆっくりと創られている、お母さんの手編みのようなやさしい靴下なんです。




ゆるい靴下4 50年の職人技!ゆるフィットの靴下


他では手に入らないやさしい靴下!

繻エさんの靴下は、現代の数値制御された大量生産工場では生産される靴下とは別次元のゆったりさがある。履いた瞬間感動さえするゆるくてやさいい様々な靴下。そんな繻エさんの靴下を専門に紹介、販売しているサイトは以下のサイトです。もしご興味がありましたら覗いてみてください。

繻エさんの靴下サイトはこちら→





Copyright ゆるい靴下All Rights Reserved.